2008年06月26日

平泳ぎ考察

お疲れ様です。
授業中に水泳の話になり、ちょうど夏なので、少し私の事でも・・・。
私は「平泳ぎ」が好きです。
もし、世界が海だけで、「あなたは、何泳ぎで日々過ごしますか?」と
友達に聞かれたら、間違いなく雄雄しく「平泳ぎ」と答えるでしょう。
それほどまでに私の平泳ぎは、速く、持久長いのです。
私は研究しました。私の平泳ぎは自分にとっては究極の完成形です。
平泳ぎで蹴りだす足はただ「蹴る」のではなく、スクリューのように「回し蹴る」のです!
そして、リズム。通常の人は1・・・2・・・1・・・2のペースで息継ぎを繰り返すのですが、
わたしは1・2・1・2の激しいリズムで「泳ぐ」のです!
私は先日、通っているジムでうっかりと「本気の平泳ぎ」を出してしまいました。
一緒にスタートしたお爺ちゃんのクロールに50m、5mの大差をつけてしまったのです。
皆さんも一度、暑い夏、水泳でも行ってみては・・・。


posted by ←ため→+弱 at 09:38| 奈良 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お疲れ様です☆ミ

本気の平泳ぎって・・・そのリズムじゃ
すぐにバテそうですけど・・・??ww

今度はクロールを極めちゃってください(^^♪

極まったころには、あのお爺さんも
パワーアップしてることでしょうから・・・
(*^_^*)
Posted by ひーさん at 2008年06月26日 15:42
平泳ぎの最高速度は約1.67 m/sとされる。初心者の壁である息継ぎ動作が比較的簡単に習得でき、また顔を上げたままの泳法がほかの泳法よりも安易なところから、水泳に不慣れな者には「最も楽で、遠泳に適している泳法」だと思われている。 しかし、平泳ぎは4泳法中唯一、完全停止と呼ばれる推進力をまったく生まない時間帯があり、様々な大会の記録を見れば明らかなとおり、実際はクロールよりも遙かに、そしてバタフライよりもエネルギー効率が悪い。例えばトライアスロンの遠泳競技では、もっとも効率の良いクロールが用いられる。

らしいですよ。(WIKI参照)
Posted by 犬嫌い at 2008年06月27日 12:08
>ひーさんへ
クロールは、自分にとっては無理です(ToT)
なぜか、後ろに進みます。

>犬嫌いさんへ
えぇ、そうなの?Σσ(. .)
自分のクロールは後ろに進むけど、効率いいのかな?
Posted by ←ため→+弱 at 2008年06月30日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。